学校教育活動の再開について

 晩春の候、保護者の皆様におかれましては、ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。
 また、日頃より本校の教育活動に対しまして、御理解及び御協力を賜り感謝申し上げます。
 さて、北海道における緊急事態宣言、並びに道内各地域における緊急事態措置の解除が行われ、本格的に社会活動が再開され始めました。学校においても、4月20日(月)より実施してまいりました、臨時休業措置が解除されることとなりました。
 つきましては、北海道教育委員会による通知に基づき、6月1日(月)から本校の学校教育活動を再開することといたしました。
 未だ新型コロナウイルス感染症のまん延については、予断の許さない状況が続いております。学校を再開するにあたり、北海道教育委員会の示す学校の新しい生活様式に基づき、段階的に通常の教育活動に戻す所存です。加えて、幼児児童生徒の健康管理に細心の注意を払い、学びへの保障や行事の実施などにも取り組んでまいります。
 保護者の皆様におかれましては、これまでと同様に本校の教育活動に対しまして、御理解、御協力を賜りますようお願いいたします。

 

臨時休業中のお知らせ


高等部保護者ならびに生徒のみなさんへ

   学校から、生徒のみなさんに向けて情報発信します。
   臨時休業中、随時更新しますので、ぜひ御覧ください。ここをクリック

   *別ウィンドウで開きます。家庭での学習にお役立てください。


 

ようこそ、北海道釧路鶴野支援学校へ!

 本校は、聴覚障がい教育部門と知的障がい教育部門を設置する特別支援学校として、平成26年4月に開校しました。
 聴覚障がい教育部門は、平成26年3月に閉校した釧路聾学校の機能を引き継ぎ、幼稚部、小学部、中学部において、聴覚障がいのある幼児児童生徒の教育を行っています。また、乳幼児相談、就学後の教育相談(聞こえとことばの相談)を通して釧路・根室・オホーツク(斜網地区)地域における、聴覚障がいのある乳幼児、児童、生徒に対する療育、教育を支援するセンター的機能を担います。
 知的障がい教育部門(高等部)は、「環境・流通サポート科」「福祉サービス科」「生産技術科」の3学科に、平成31年4月より、新たに「情報ものづくり科」「食品デザイン科」の2つの職業学科と「普通科」を設置し、“地域社会で自立し、明るく元気に働き続ける人を育てる”という目標達成のために、地域社会と連携しながら、様々な役割、仕事を経験し、将来働くために必要な意識や、基礎的な技術を身に付けています。



 

新着情報